交通事故を起こしたときの代車と示談

二台の間で自動車の交通事故を起こした時は、双方に怪我がない場合に関して、警察を呼んで事故の状況を詳しく説明する事となります。車の損傷が著しい場合は、自力で車を動かすのは危険であるので、レッカー車を呼んで運んでもらうことになります。交通事故の話し合いが終わった後に原則的には警察は関わらずに、事故を起こした当事者同士が示談を行うことになります。また、同時に加入している任意の保険会社から、事故の当時の状況を詳しく説明して、自動車の修理の際の修理代を当事者の事故の割合によって保険会社が支払います。保険料の支払いの経過に関して、保険会社との話し合いによって、当事者の加入している保険会社が過失割合の示談による交渉を行います。交通事故を起こした車が著しい損傷を受けた場合は、自動車の販売店や修理専用のお店から代車を借りて、修理が完了するまでに通勤などに利用する事になります。代車の費用は、原則的に任意の保険会社が支払います。