謝罪と物損の交渉について

交通事故の示談と謝罪

交通事故の加害者になったときにすべきことは、まず警察を呼んで、現場の調査をしてもらいます。それから、加入している自動車保険の保険会社に連絡をして、担当者に来てもらいます。その後は被害者と保険会社の担当者との間で、交通事故の示談に関するやり取りが行われるようになりますが、それとは別に、交通事故の被害者に対しては、手土産を持参した上で、きちんと謝罪に行きましょう。迷惑をかけた相手に直接お詫びをするという意味合いはもちろんですが、誠意のある対応をすることはとても大切です。民事の関係では保険会社が手続きを進めてくれますが、刑事事件として起訴するかどうかというのはまた別の話で、やはり加害者に対して悪い心象を持っていると、示談が成立しても起訴する方向に進められることも珍しくありません。また、被害者に直接謝罪をすることで、今後の運転などに関して、よりいっそう注意深くあたろうという自戒の念も沸いてきます。

交通事故で物損事故なら交渉して示談で

人の家に突っ込んで交通事故を起こすことがあります。物損事故として扱われますが、家主との交渉次第では、示談金で終わらせることもできます。もちろん交通事故として警察を呼ぶこともできますが、加害者被害者ともに示談を希望するのであればその方法もありでしょう。しかし、ここで重要なのがここで交わした示談金のやり取りの他は、後で請求をしないという念書も書かなければいけません。実は後でもう少しもらわなければならない交通事故だったと言われても困るからです。自分たちで決めたこととは言え、所詮は素人が考えていることなので、後から請求額に不満が出ることがないようにするためです。こういうトラブルを避けたい場合は、警察を読んで対処してもらうのが一番です。知識がなかったり、面倒だからとか、事故を知られたくないなどの理由で、示談に持込み失敗をしてしまったというケースは少なくありません。トラブルを避けるようにしましょうね。