示談不成立と民事裁判

交通事故の示談が不成立になった場合

交通事故は大小問わず毎日どこかで起きています。もし自分が巻き込まれたらと考えるとやはり保険はかけておきたいものです。さて、交通事故を起こすと加害者である場合被害者と示談交渉をしなければなりません。全てのケースが当てはまるわけではなく、双方常識の範囲内で話が進み解決するケースもあります。しかし、中にはやはり話がこじれてしまうケースもあります。いつまでも話し合いが終結しない場合は残念ながら示談不成立となります。ではそうなった場合残された解決手段はあるのでしょうか。
民間人の間だけで話しあって解決しない場合は法律に頼るしかありません。ですが色々と厄介なので交通事故で裁判なんて起こしたくはないものです。そうしたときには調停を利用します。調停なら手間も費用もかかりませんので、交通事故という案件を解決するにはうってつけです。
また、示談が不成立に終わってもすぐに個人で動かず、交通事故相談センターに相談してみるのも1つの手です。もしかしたら法の下で争わなくても済むかもしれません。

交通事故の民事裁判について

交通事故によって怪我などの被害を受けた場合、まずは保険会社や弁護士などが間に入って話し合いをする事になります。示談が成立すれば賠償金や慰謝料などを支払ってもらい終了となります。示談が上手くいかなかった場合は簡易裁判所による民事調停を行い解決を目指しますが、それでも解決できなかった場合は民事裁判を起こす事になります。
交通事故の場合、示談で解決するケースが多いので民事裁判まで行く事はあまりありませんが最終手段として覚えておく必要があります。
交通事故の裁判は請求金額が140万以下の場合は簡易裁判所で、超える場合は地方裁判所で行います。弁護士を代理人に立てて行うことになります。裁判になり、お互いの主張などを全て聞いた段階で裁判官が和解を勧めてくる場合があります。それに双方が納得すればそこで終了となり早く決着する事が出来ます。最後まで裁判が進む場合半年から1年ほどの期間が必要になり、場合によっては更に長期化する事もあります。